T-fund's blog

案ずるな、答えはすべて君の中にある。Know Thyself and Be Thyself.

価格調整と時間調整

f:id:T-fund:20131113232804j:plain

今回は、すこしテクニック的なところの話を一つ。

上昇トレンド中によくニュースなどで聞く言葉に、価格調整と時間調整というものがある。価格調整とはその名のとおり、行き過ぎた価格が利益確定売りや新たな売りによって一気に是正(調整)されることを言う。ドル円で例にすると、下図のような場合だ。

f:id:T-fund:20131113230430p:plain

右端の大きな下げによってこれまでの行き過ぎた上昇から一気に下げているのが分かる。赤線は75日移動平均線で、その線まで一気に価格を下げている。つまり、価格のほうから平均値に戻っていくような場合を、価格調整という。このような局面での対処は非常に難しく、上級者向けといっていいと思う。価格調整がいつくるのか、どの程度下げるのかは誰にも予想できないからだ。基本はトレンドラインを自分で引いて、そこをある程度下回るところにストップを置いておくぐらいだろう。また、ショートで仕掛ける場合もタイミングがよければ一瞬で大きく稼ぐことができるが、下手するとズルズルと引かされて行く場合があるので慎重に行いたいところ。

で、次が時間調整。これが発生した時はかなりチャンスだと思っていい。おそらく8割以上の確率で利益を上げることができるだろう。例えば、昨日の朝ドル円で発生したような場合だ。私は寝坊してしまい、非常に残念な思いをしてしまった下図のような局面である。

f:id:T-fund:20131113231223p:plain

 

大きく上げたあとにジリジリと下げて行き、まるでMAが価格に追いついてくるのを待っているような動きになっているのが分かる。こういう場合は短期で仕掛けるにはかなりのチャンスなので、是非使ってみてほしい。上図のように適当に上値抵抗線を引いてMAが近づいてくるの待ち、抵抗線を抜けたところで買うか、もっと攻める場合はMAタッチかそれ付近でポジションを取る。この手法で月曜はしっかり取れたのだが、2つ目はより分かりやすい時間調整であったにもかかわらず寝坊で逃してしまった。。その後も入るタイミングを逃して今に至るという状態だ。こういう分かりやすい時間調整のチャンスはなかなか来ないので、これはもしやと思われる場合は集中して望むことをお勧めしたい。